アメリカ・ノースカロライナ州にある日本人向けの牧場「グリーンウェイランチ[GREENWAY RANCH]」ブログ

2017.October

Sun

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

Backnumber

Image Index

みどりのThat's 録 (外国になった日本) みどりのThat's 録 (外国になった日本) ホースセンス (男女の差)
ホースセンス (男女の差) みどりのThat's 録 (日本への旅) みどりのThat's 録 (日本への旅)
みどりのThat's 録 (日本への旅) みどりのThat's 録 (日本への旅) みどりのThat's 録 (ヒアリ)
みどりのThat's 録 (ヒアリ) ホースセンス (レッスンは一期一会) みどりのThat's 録 (テキサスの同胞牧場経営者)
みどりのThat's 録 (騙されないように!) みどりのThat's 録 (7年ぶりの祖国) みどりのThat's 録 (7年ぶりの祖国)
アカネコのブログ 番外編・帰国のアレコレA アカネコのブログ 番外編・帰国のアレコレ@ アカネコのブログ 番外編・帰国のアレコレ@
アカネコのブログ 番外編・帰国のアレコレ@ アカネコのブログ PartII・最後・・・。 ホースセンス (牡馬の去勢手術)
アカネコのブログ PartII・ウィリー アカネコのブログ PartII・ウィリー アカネコのブログ PartII・エンター

Oct

12

2017

みどりのThat's 録 (外国になった日本)

日本帰国を7年ぶりにする、と書いた時
「きっと浦島太郎状態になりますよ。」
というコメントを何人かの人から頂いた。

都会の変化は著しく、その予言は見事的中して、
あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
到着した翌日から私は早くも 「お上りさん」 と化した。

帰国中はいつものように、横浜にある元自宅、今は妹宅を拠点に行動する。
そこから近い東横線反町駅は日本に住んでいた時に、
人を車で迎えに行く待ち合わせの場所として、
あるいは東京方面へ行く時によく利用した。

反町駅には各駅停車しか止まらない。
そのせいか、近くに商店街やパチンコ店があり、
ローカルで庶民的な雰囲気で、それが懐かしかった。
ところが、今は工事ですっかり模様替えして、以前の面影はなくなっている。

昔のように地上に作られた駅のホームから聞こえる車の音や、
線路沿いの塀から見える建物や、人が歩いている情景はなく、
電車を待つ時のあの懐かしい感覚がもう味わえないのは残念に思った。

近代的になってしまった反町駅の地下に潜り、
整備されて無機質な感じがするホームで電車を待っていると、
地下鉄独特の匂いと空気で何とも言えない圧迫感を受けた。

エレベーターまで出来ていて、とても便利になっているのに
居心地悪く感じるのが不思議だった。

そして、反町駅から一駅先の横浜駅で降りると
そこではさらにショッキングな体験をすることになる。

横浜駅には無事に着いたものの、
何も考えずに最寄りの出口から地上へ出たのが運の尽き。

まったく以前の記憶にはない場所へ出てしまったのだ。
何百回、何千回と歩き回った横浜駅西口が、
大がかりな工事をしていたせいもあるが、別世界に来たようだった。

工事中のための案内板は不明瞭で分かりにくいし、
案内通りに迂回しているつもりで目標とする所を目指すと、
とんでもない所へ行ってしまう。

新宿で友人と待ち合わせすることになっていて、
その友人から湘南新宿ラインが一番簡単なので、
それに乗るようにとのアドバイスまで受けときながら
出だしの横浜ですでにつまづいてしまった。

ウロウロと今来た道を引き返したりしている内に時間は過ぎてゆき、
泣きたいような気持でさまよった。
仕方なく暇そうにしている人を見つけて道を尋ねても
そっけなくあしらわれ・・・、都会とはなんと味気ない所なのだろうと思う。

そして、横浜駅周辺を迷いながら私は
自分が日本を離れた時より外国人の姿が多いのに気が付く。

以前は外国人を横浜駅で見かける時は、たいてい宗教のお誘いくらいだったのが、
今はちょと歩いただけで見かける外国人の数に驚いた。
日本人に似ていて見過ごしてしまうアジア系の人たちも含めたら
もっとすごい数になるだろう。

横浜駅周辺を熟知していたはずの私でも、こんな風に迷うのだから
外国人にとって目的地を探すのは更に大変だろう・・・、と思ったりしたのだが、
意に反して、サッサと彼らは先を見据えて歩いている。
どうやら私の方こそ迷える外国人のようで、しまいに可笑しくさえなった。

帰国前に、懐かしく思い出していた日本は、
すごいスピードでその姿を変えようとしている。
いつまでも昔のイメージを抱いてノスタルジックになってても仕方ない。
次回は、新しい物を発見をするつもりで帰国しようと心に決めた。

R0028826.JPG


昔はこんなポスト?があったなぁ・・、なんて懐かしがったりして(笑)

IMG_2912.JPG


でも、これだけは変わらないでいて欲しい・・・家の近くから見える美しい富士山


















2017/10/12 3:29:13 | リンク用URL

Sep

30

2017

ホースセンス (良い馬とは)

良い馬とは・・・。

馬の生産が盛んで、売買が多く行われるアメリカ。
様々な人が、理想とする馬を探すために自分の足で牧場巡りをすることもあれば、
その道のプロに相談したり、ネットで検索という手段を取ったりしています。

人が十人十色なら、馬だって十頭十色です。
求める相手は生き物なので、その人の理想を100%満足させることはまずありえませんし、
逆に100%満足したら飽きてしまう場合もあるかもしれません。

私の場合は、馬の生産者なので売る側になるため良い馬を頭に浮かべた場合、
この馬はこのような性格で運動能力もこのような感じなので、
こういった人を対象にすると良いだろう・・・、みたいな感覚で馬を見ます。

これは私の専門がレイニングホースなので、それにそった内容で考慮しますが、
不思議と色々なことが分かれば分かるほど答えは出てきません。
 
レイニングの観点であえて良い馬を表現するなら、
機械操作をする感覚で思いのままに動いてくれる馬、
あるいはそのように仕上げられる馬、
ということになりますが、そんなのいるわけもなく・・・。
 
競技会のプロのクラスで優勝するような馬は確かに優れているし皆の憧れです。
だけど誰でも乗れるかというと敏感過ぎて、
パワーもあるので乗り手に対応できる技術がないと御しきれません。

とりあえず今の時点で良い馬とは、を考えると、
その乗り手が目指すクラスのレベルで安心し、安全に馬の操作が可能で、
それなりの良いパフォーマンスをしてくれる許容範囲の広い馬、
そういった資質を持った馬のことを言うのではないか、と感じています。
 




2017/09/30 0:43:18 | リンク用URL

Aug

09

2017

みどりのThat's 録 (日本への旅)

流れ任せ、人任せで生き方を決めてしまう気ままな性分だが、
どうでも良いような細かいこだわりは持っている。

例えば乗り物に乗る時の座席の位置。
特に長時間乗る飛行機では必ず窓側を指定し、
空席がないときは便を変えてでも窓側に固執する。

周囲の人は、通路側のほうが動き易くて良いというが、
奥に座っている人がトイレに行く際、座席を立たなければならないし、
機内サービスの時は目の前を物や人の手が行ったり来たり、
通路の往来も気になってリラックスできないからだ。

機内では可能な限り目の前にある飛行状況の画面に目をやって、
窓から遥か下の陸地や海を眺め、
また雲海を見ながら空中移動を楽しむ。

建物があれば、あそこに色々な人たちの生活があるんだなぁ・・・とか、
山や海を見ればそこに生息している生き物に思いをはせる。

飛行機が低空飛行を始め成田空港に到着間近になると、
必ず探すのは美穂のトレーニングセンター。
JRAの競走馬を調教する大規模な施設で、
楕円形の走路が2面あり、近隣には沢山の厩舎と馬関係者の住まいがある。

miho.JPG



(写真はWikipediaから引用)

無事に日本の地を踏むことができると、
私には日本帰国の翌日に必ず会わなくてはならない人がいる。

馬を通して知り合い、そろそろ40年近くになろうかと思われる写真の人、
通称 「ツーコさん」。
友人と簡単に言ってしまっては罰が当たりそうな存在で、
様々な場面で何十年と力になってくれている。

長い間、私が安心して日本を離れていられるのも彼女がいてくれるから。
銀行の通帳と印鑑、カードを預けていて、
アメリカで資金が必要になるたびに送金してもらい、
日本で支払いが必要な時は代わりに手続きをしてくれる。

牧場を持つまでの歩みや金銭状況など、
家族より私の事を知ってる、唯一の人かもしれない。

それだけでも十分ありがたいのに、
毎月ツーコさんは、私が好みそうな日本のテレビ番組を録画して
10年以上一度も欠かさずに送ってくれている。
その年月と回数を考えると、ただ、ただ感謝の念に浸ってしまう。

お陰様で、日本の時事に遅れることなく、研修生やゲストが訪れても、
日本の話題についていけるので本当に助かっている。

18596282_868043623334600_2094744862_o.jpg


(日本帰国の初日、お互いに積もる話がつきない。
ZORROのオーナーが向かい合って話している所を撮影してくれた)

18575852_868043626667933_907666766_o.jpg



そしてツーコさんと一緒に会ったのは同じく馬を通して知り合った、
ジュエリーデザイナーの今井さん。
このオシャレで素敵な紳士は、原宿にZORRO (ゾロ) というお店を経営していて、
貴金属を独自の感覚でデザイン、加工、販売するのがお仕事。

服やバッグ、靴は頓着することないが、
ヒカリもの好きな私は、会社勤めしている頃よくアクセサリーを買ったことがあった。
いつの間にかジャラジャラと集まった小さいアクセサリーを ZORROに持って行き、
世界で一つだけの形にリフォームしてもらう。

この前の日本帰国の初日にも、ツーコさんと一緒にZORRO へ出向き
もう身に着けることのない眠っているアクセサリーを今井さんにお願いした。
そして出来上がったのがこの指輪。

完成前にアメリカに戻ったので手元にはないけど、
そのうちどのような機会でいつ手元に届くのか・・・、
そんなことを考えながら実物を見る日を期待するのが今の楽しみ。

18596800_868044300001199_915232878_o (3).jpg














2017/08/09 22:51:41 | リンク用URL

Page Top