アメリカ・ノースカロライナ州にある日本人向けの牧場「グリーンウェイランチ[GREENWAY RANCH]」ブログ

2018.July

Sun

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

Backnumber

Image Index

暑中お見舞い申し上げます。(馬編 1) いっちゃんのブログ14「最近の日常」 いっちゃんのブログ14「最近の日常」
いっちゃんのブログ14「最近の日常」 いっちゃんのブログ14「最近の日常」 いっちゃんのブログ13 「「年1のイベント?馬たちの大好物がやってきました〜!」」
いっちゃんのブログ13 「「年1のイベント?馬たちの大好物がやってきました〜!」」 いっちゃんのブログ13 「「年1のイベント?馬たちの大好物がやってきました〜!」」 いっちゃんのブログ13 「「年1のイベント?馬たちの大好物がやってきました〜!」」
みどりのThat's 録 (七夕BBQ) みどりのThat's 録 (七夕BBQ) みどりのThat's 録 (七夕BBQ)
いっちゃんのブログ12 「新しい仲間が増えました!」 いっちゃんのブログ12 「新しい仲間が増えました!」 いっちゃんのブログ11 「I'm back!」
いっちゃんのブログ11 「I'm back!」 みどりのThat's 録 (チドリの春) みどりのThat's 録 (チドリの春)
みどりのThat's 録 (チドリの春) みどりのThat's 録 (牧場の新入り馬たち) みどりのThat's 録 (牧場の新入り馬たち)
みどりのThat's 録 (牧場の新入り馬たち) みどりのThat's 録 (牧場の新入り馬たち) みどりのThat's 録 (ちょうど1年前)

Jul

22

2018

暑中お見舞い申し上げます。(馬編 1)

「暑い、暑い、アッツ〜イ!!」
日本から届く第一声のほとんどです。

関西の地震に始まり、豪雨、そして連日猛暑の現在、
自然がもたらす度重なる災害で、息つく暇がない日本。
いくら遠く離れていても対岸の火とは思えない気持ちでいます。

今までにないような猛暑の中で過ごされている皆様にお見舞いを申し上げるとともに、
今回は、様々な乗馬施設で生活し活躍している馬たちのために
少し書かせていただきます。

予断ですが、
ブログを書くたびに長い文章になってしまい申し訳ないと思っています。
よって、このブログは2回に分けて投稿しますのでよろしくお願いいたします。

DSC01413.JPG



馬は身近にいるペットとして飼われている動物と異なり、
痛い、つらいが表情に出にくく、人には彼らの体調変化が
分かりにくい部分が沢山あります。

それは馬が被食動物という立場ゆえの本能だとも言えます。
自然界では、肉食獣は捕まえやすい幼獣や病気やケガで弱ったものを狙うので、
被食される側は肢に怪我をしていても歩き続け、
体調が悪くてもゴロリと横にならないのです。

最後の最後までどうしようもなくなるまで、弱ったところを見せず
動き続けるというのが、彼らの生きるための本能だからです。

人間の飼育下においても、
このような習性 本能を持つ馬なので、
体調がすぐれない時にそれを人が察知するのはなかなか容易なことではありません。

そこでグリーンウェイランチでは、
酷暑の夏の馬管理で、どういったことに気を付けているか綴ってみたいと思います。

一番良いのは人も同様ですが、
健康である状態を夏でも維持させることです。

高温の中での運動は控え、もし運動せざるおえない時は、
汗のかき方、呼吸の状態に気を配りながら行います。 

頭までビッショリ汗をかき、呼吸が荒くなるほどまでの運動は絶対避けるべきです。
また、たとえ下馬し体を洗った後になんでもないように見えても、
必ず体のどこかに疲労や機能障害などをもたらす原因を作るため、
運動量と内容にそった休息を与えるのはとても大事です。
 
人がさほど暑くないと感じる日でも、
馬はパッドと鞍によって体温がこもる部分があり、
人を乗せた場合に使うエネルギーは裸馬の時とは全然違います。
1馬力の凄さをこの状況では過信しないほうが良いでしょう。
 
もし馬場が太陽光で熱せられていれば、騎乗者より地面に近い馬は
より高温にさらされるので、この点についても考慮に入れなければなりません。

とはいえ、各乗馬施設によって諸事情があると思います。
どうしても調教しなくてはならない、
あるいはお客様の指導をする必要があるといった場合には、
馬の体に負担がかかりにくい運動を選んだり、指導方法を工夫するのも良いと思います。

当牧場では、レイニングというウェスタン馬術を主体に馬の調教を行っています。
レイニングの競技は駈歩で行われるので、調教も駈歩の頻度が高いですが、
常歩、軽い速歩で馬に教えられることは沢山あります。

また、お客様がみえた場合のレッスン内容ですが、
このような時にこそ、ゆっくりとした運動の中で
普段できない様な馬についての会話をするのも良いと思います。

いつもは指導者の号令によって馬を操作されているお客様ならなおさら
今まで知らなかった馬についての内容に興味を惹かれ、
それは馬に対しての更なる興味と理解へつながるのではないでしょうか。

次回は体調を崩したときの馬が出すサインについて書いてみたいと思います。







2018/07/22 0:45:10 | リンク用URL

Jul

19

2018

いっちゃんのブログ14「最近の日常」

こんにちは、いっちゃんです。

最近のグリーンウェイランチは、雨が降らなさすぎてカラカラですが
午前中は暑さが和らいで、騎乗時間をしっかりとれるので
馬も人も毎日がっつりトレーニングをしています!

研修生も3人いる現在、それぞれに大なり小なり課題があって
それをクリアすべく頑張っております。

そして、午後は牧場の施設管理。
Joe兄貴は壊れたものを持ち前のスキルで直し、他はパッシャー(放牧地)の雑草を抜いたり雑務をこなします。

P_20180714_152734_vHDR_Auto.jpg



まぁ、馬たちのそばで仕事していたら十中八九ジャマされますが…笑


あ、そうだ
グリーンウェイランチの馬ボロ100%、有機栽培がウリの畑も大分育ちましたよ!

P_20180717_161123_vHDR_Auto.jpg



P_20180717_161143_vHDR_Auto.jpg



スイカが時期的に遅くて心配…
私、スイカ大好きなんです。ちゃんとできるといいなあ。

日本を離れて3週間。
時差ボケもなくなって、環境にも慣れ始めたら
日本食が恋しくなってきました(笑)

カレーとか寿司とか食べたいなと思っていたら

P_20180715_184436_vHDR_Auto.jpg



じゃじゃーん
みどりさんがカレー作ってくれました!
(すいません、お腹が空きすぎて写真撮る前にちょっと食べました…)

もーすごく美味しくて
みんなで、白米が尽きるまで食べました!

カレーってなんであんなに美味しいんでしょうね〜
白米がもう少しあれば、もう一皿いけた気がします。

次のお呼ばれを、ソワソワしながら待つことにします(笑)



ではまた次回!






2018/07/19 10:11:24 | リンク用URL

Jul

12

2018

いっちゃんのブログ13 「「年1のイベント?馬たちの大好物がやってきました〜!」」

こんにちは、いっちゃんです!

最近のノースカロライナは、急に秋っぽくなったり
暑くなったり…変な気温です。

昨日までは、朝方ふるえるほど寒かったのに
今日はカンカン照りで、馬たちは水ガブ飲みしていましたよ〜

そんなカンカン照りの中、馬たちの大好物「アルファルファ」が届きました〜!

P_20180711_134653_vHDR_Auto.jpg




アルファルファという名前に、ハテナが浮かぶ方は
ヘイキューブと同じですよって言ったら分かるでしょうか?


栄養豊富で、どの馬も好んで食べてくれる飼料です!

P_20180711_140000_vHDR_Auto.jpg



そして、グリーンウェイランチではお馴染み、ジミーおじさんも手伝いで来てくれました!
このスペースにどれだけのアルファが積めるのだろう…

P_20180711_150636_vHDR_Auto.jpg




このアルファ積みは、なかなか難易度が高いので
トラクターの操作は基本、ジミーおじさん。

積み方を見ると、やはりプロフェッショナル。
ほぉー!こんなやり方もあるんだーと感心しきり。


私たちも手伝いましたが、ジミーおじさんは黙々と飼料を運び続け
それを見た私は、ジミーおじさんカッコイイ!とひたすら思っていました。


アルファを運んできた運転手が、1時間の遅刻してきたりと
ちょっとしたトラブルはありましたが
だいたい半日かけて、このイベントは終了しました!

P_20180711_180423_vHDR_Auto.jpg




次は、短くて10カ月後、長くて1年後にこのイベントがまたきます!
それまでにトラクター練習したら、ジミーおじさんみたいになれるかな?


ではまた次回!





2018/07/12 11:25:25 | リンク用URL

Page Top