アメリカ・ノースカロライナ州にある日本人向けの牧場「グリーンウェイランチ[GREENWAY RANCH]」ブログ

2017.December

Sun

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

     

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

Backnumber

Image Index

いっちゃんのブログ・5 「ドアの修理と近況報告」 いっちゃんのブログ・5 「ドアの修理と近況報告」 いっちゃんのブログ・5 「ドアの修理と近況報告」
いっちゃんのブログ・5 「ドアの修理と近況報告」 いっちゃんのブログ・4 「初めてのお買い物」 いっちゃんのブログ・4 「初めてのお買い物」
いっちゃんのブログ・4 「初めてのお買い物」 いっちゃんのブログ・4 「初めてのお買い物」 いっちゃんのブログ・3 「初騎乗」
いっちゃんのブログ・3 「初騎乗」 いっちゃんのブログ・2 「ランチ生活、最初の3日」 いっちゃんのブログ・2 「ランチ生活、最初の3日」
いっちゃんのブログ・2 「ランチ生活、最初の3日」 いっちゃんのブログ・2 「ランチ生活、最初の3日」 いっちゃんのブログ・1 「沖縄〜ノースカロライナの移動」
いっちゃんのブログ・1 「沖縄〜ノースカロライナの移動」 いっちゃんのブログ・1 「沖縄〜ノースカロライナの移動」 いっちゃんのブログ・1 「沖縄〜ノースカロライナの移動」
みどりのThat's 録 (外国になった日本) みどりのThat's 録 (外国になった日本) ホースセンス (男女の差)
ホースセンス (男女の差) みどりのThat's 録 (日本への旅) みどりのThat's 録 (日本への旅)

Aug

09

2017

みどりのThat's 録 (日本への旅)

流れ任せ、人任せで生き方を決めてしまう気ままな性分だが、
どうでも良いような細かいこだわりは持っている。

例えば乗り物に乗る時の座席の位置。
特に長時間乗る飛行機では必ず窓側を指定し、
空席がないときは便を変えてでも窓側に固執する。

周囲の人は、通路側のほうが動き易くて良いというが、
奥に座っている人がトイレに行く際、座席を立たなければならないし、
機内サービスの時は目の前を物や人の手が行ったり来たり、
通路の往来も気になってリラックスできないからだ。

機内では可能な限り目の前にある飛行状況の画面に目をやって、
窓から遥か下の陸地や海を眺め、
また雲海を見ながら空中移動を楽しむ。

建物があれば、あそこに色々な人たちの生活があるんだなぁ・・・とか、
山や海を見ればそこに生息している生き物に思いをはせる。

飛行機が低空飛行を始め成田空港に到着間近になると、
必ず探すのは美穂のトレーニングセンター。
JRAの競走馬を調教する大規模な施設で、
楕円形の走路が2面あり、近隣には沢山の厩舎と馬関係者の住まいがある。

miho.JPG



(写真はWikipediaから引用)

無事に日本の地を踏むことができると、
私には日本帰国の翌日に必ず会わなくてはならない人がいる。

馬を通して知り合い、そろそろ40年近くになろうかと思われる写真の人、
通称 「ツーコさん」。
友人と簡単に言ってしまっては罰が当たりそうな存在で、
様々な場面で何十年と力になってくれている。

長い間、私が安心して日本を離れていられるのも彼女がいてくれるから。
銀行の通帳と印鑑、カードを預けていて、
アメリカで資金が必要になるたびに送金してもらい、
日本で支払いが必要な時は代わりに手続きをしてくれる。

牧場を持つまでの歩みや金銭状況など、
家族より私の事を知ってる、唯一の人かもしれない。

それだけでも十分ありがたいのに、
毎月ツーコさんは、私が好みそうな日本のテレビ番組を録画して
10年以上一度も欠かさずに送ってくれている。
その年月と回数を考えると、ただ、ただ感謝の念に浸ってしまう。

お陰様で、日本の時事に遅れることなく、研修生やゲストが訪れても、
日本の話題についていけるので本当に助かっている。

18596282_868043623334600_2094744862_o.jpg


(日本帰国の初日、お互いに積もる話がつきない。
ZORROのオーナーが向かい合って話している所を撮影してくれた)

18575852_868043626667933_907666766_o.jpg



そしてツーコさんと一緒に会ったのは同じく馬を通して知り合った、
ジュエリーデザイナーの今井さん。
このオシャレで素敵な紳士は、原宿にZORRO (ゾロ) というお店を経営していて、
貴金属を独自の感覚でデザイン、加工、販売するのがお仕事。

服やバッグ、靴は頓着することないが、
ヒカリもの好きな私は、会社勤めしている頃よくアクセサリーを買ったことがあった。
いつの間にかジャラジャラと集まった小さいアクセサリーを ZORROに持って行き、
世界で一つだけの形にリフォームしてもらう。

この前の日本帰国の初日にも、ツーコさんと一緒にZORRO へ出向き
もう身に着けることのない眠っているアクセサリーを今井さんにお願いした。
そして出来上がったのがこの指輪。

完成前にアメリカに戻ったので手元にはないけど、
そのうちどのような機会でいつ手元に届くのか・・・、
そんなことを考えながら実物を見る日を期待するのが今の楽しみ。

18596800_868044300001199_915232878_o (3).jpg














2017/08/09 22:51:41 | リンク用URL

Page Top