アメリカ・ノースカロライナ州にある日本人向けの牧場「グリーンウェイランチ[GREENWAY RANCH]」ブログ

2018.September

Sun

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

      

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

Backnumber

Image Index

いっちゃんのブログ23「一年に一度の…!」 いっちゃんのブログ23「一年に一度の…!」 いっちゃんのブログ23「一年に一度の…!」
いっちゃんのブログ23「一年に一度の…!」 いっちゃんのブログ22「作るのも食べるのも楽しいギョーザパーティ♪」 いっちゃんのブログ22「作るのも食べるのも楽しいギョーザパーティ♪」
いっちゃんのブログ22「作るのも食べるのも楽しいギョーザパーティ♪」 いっちゃんのブログ21「馬の削蹄は、試行錯誤の連続です」 いっちゃんのブログ21「馬の削蹄は、試行錯誤の連続です」
いっちゃんのブログ21「馬の削蹄は、試行錯誤の連続です」 いっちゃんのブログ20「ハリケーン一過??」 いっちゃんのブログ20「ハリケーン一過??」
いっちゃんのブログ20「ハリケーン一過??」 いっちゃんのブログ20「ハリケーン一過??」 いっちゃんのブログ19 「Hurricaneフローレンスがやってきた!」
いっちゃんのブログ19 「Hurricaneフローレンスがやってきた!」 いっちゃんのブログ19 「Hurricaneフローレンスがやってきた!」 いっちゃんのブログ19 「Hurricaneフローレンスがやってきた!」
いっちゃんのブログ18「身体感覚と姿勢と気持ちと」 いっちゃんのブログ18「身体感覚と姿勢と気持ちと」 いっちゃんのブログ17「一緒に楽しみましょう!というスタンス」
いっちゃんのブログ16 「トレーニングしているのは、実は・・・」 いっちゃんのブログ16 「トレーニングしているのは、実は・・・」 いっちゃんのブログ15 「それぞれのホースマンシップ」

Sep

01

2018

いっちゃんのブログ18「身体感覚と姿勢と気持ちと」

こんにちは、いっちゃんです!

最近のグリーンウェイランチは
まだまだ夏〜!ってな感じで、暑いです。

でも、おかげ様でスイカが実りの兆し!

P_20180823_190256.jpg



プラス、わたくし若干痩せました(笑)
夏、ありがとう!! 



さて、ブログタイトルですが
私は最近、スィーティー+エンターに乗っています。

スィーティーは一緒にレベルアップしているので
ゆっくりとした進度でトレーニングしていますが

エンターに関しては、完全にエンターが先輩。
乗っていても、エンターが上手なことが多いです。

P_20180831_105638.jpg



何せ、やればできる子
お子さんの引馬や初心者オッケー、かと言えば
スピン、スライディングストップ、リードチェンジなど

オールマイティに活躍できるから、色んなレベルの人のお相手もこなしますが、
頭が良いだけにサボり時もわきまえています。

エンターにまたがった瞬間
私はエンターに試されます。

試されているけど、全てに気付けないため
動きにキレがなかったり
サークルをキレイに描けなかったりといった結果がでます。

そこで、みどりさんが一言
「馬の姿勢とリズムに気を配りなさい」

馬が、まっすぐ進まない・肩がドロップする
そういった動きになるのは、そういう姿勢を取らせてしまっているから。

説明を受けると、なるほど納得
そうか、馬の姿勢をよく見ればいいんだ!

エンターの頭をよく見て
内方姿勢を取らせて…

でも、アレ?
うまく動かない!

今度は、顔は少し内方姿勢をしているはずなのに
馬の内側の肩がドロップしている感覚がありました。

まだ、馬が内方姿勢をちゃんととっているかの確認が
できてないようでした。

つまり、頭を見るだけでは足りなかったんですね。
この自分の体を通して感じる身体感覚も大事だった。

すぐ気付いて、すぐ直す。

集中しながら、運動していると
エンターがシッポをバサバサ振っているとみどりさんから指摘されました。 

それは、馬が気持ちよく運動していないという意味なのです。

確かに思い当たる節アリ。
そう、拍車を多用してました。

頑張って動かすことにムキになって
エンターの事を置いてけぼりにしてたんですね。


「レイニングは、馬が自ら進んで動くということが大事」


あとから、そう言われたとき
レイニングの奥深さを少し知ることが出来ました。

そして、調教の難しさも。

自分の身体感覚・馬の姿勢・馬の気持ち・タイミング…
その全てを駆使して、初めて馬に動きを教えることが出来るんですね。

まだまだ未熟な私ですが
エンター先輩とみどり先生に教わりながら
一日一日、成長している感じがします。

馬って奥深い!!!

馬を知り始めた頃から今まで
いつだって馬は新鮮な驚きを私にくれます。

だからきっと
馬と関わることが止められないんだなぁと
しみじみ感じたのでした。





2018/09/01 21:48:14 | リンク用URL

Page Top